大人ニキビの原因

同じニキビでも、十代の思春期に出るニキビと、成人以降にできる大人ニキビとはその原因は異なります。

思春期ニキビの原因は、成長に伴ってホルモンバランスが乱れ、過剰に分泌されるようになった皮脂が毛穴に詰まることです。そのため、思春期のニキビは、顔の中でも皮脂の分泌量が多いおでこや鼻などのTゾーンを中心にできます。
また一年の中でも、皮脂の分泌量が増える、春から夏にかけてできやすくなります。

それに対して大人ニキビは、実に様々な原因があると言われます。生理前や生理不順によるホルモンバランスの乱れ、過剰なストレス、偏りがちな食生活、寝不足などによる疲労などが挙げられますが、実は多くの場合、肌の乾燥が原因となっています。
そのため、顔の中でも乾燥しやすい口周りやあご、フェイスラインなどのUゾーンを中心にでき、肌が乾燥しやすい秋から冬にかけてできやすくなります。

大人ニキビができるメカニズムとは?

大人ニキビ

最新の研究結果によると、肌の油分バランスよりも、水分バランスが崩れてしまうことに大きな原因があり、特にフェイスラインなど、部分的に水分が不足した乾燥状態となるため、完治しにくい厄介なニキビが発生してしまうことが報告されています。
また、生理前後にニキビが出来やすい肌質の人は、局所的な乾燥が顕著になることも判明しました。

肌が乾燥すると、肌が本来持つバリア機能が低下します。
バリア機能が正常に働いていれば、古くなった角質は垢として肌から排出され、肌のターンオーバーによって新しい角質層と入れ替わりますが、バリア機能が低下した状態では、肌は角質を厚くすることで自らを守ろうとし、ターンオーバーが乱れます。
これによって、古い角質がいつまでも肌表面にとどまり、毛穴がふさがってニキビをますます悪化させてしまうことになるのです。

つまり、大人ニキビには複数の要因があったとしても、結局それらは全て「毛穴を詰まらせる」ことによりニキビを発生させている、と言うことができます。

大人ニキビの予防には、保湿効果の高い洗顔が重要!

洗顔の重要性

肌が乾燥するのは、多くの場合、洗顔が原因となっています。
一般の洗顔料に洗浄剤として含まれる石油系界面活性剤は、肌への刺激がとても強く、肌が本来必要とする皮脂まで奪い去り、さらに肌表面の細胞も破壊してしまいます。
また、洗顔時に肌をゴシゴシとこするようなことも、その刺激によって肌の角質層を傷め、肌を乾燥させることになります。

特にニキビができると、つい皮脂を除去しようとやっきになりがちですが、皮脂を取りすぎると肌は乾燥し、ますます皮脂が異常分泌するという悪循環に陥ってしまいます。

対策としては、皮脂を取り去ることだけを考えず、とにかく保湿を最優先に心がけることです。
洗顔は、肌に必要な成分がきちんと残るよう、洗浄力の強過ぎない石けんでやさしく洗いましょう。
思春期ニキビにおける“洗顔”とは違い、大人ニキビの予防には、“保湿のための正しい洗顔”が何より大切です。

スキンケアの基本は洗顔です

ワイン石けんは、枠練り石けんだからこそ実現した、美容成分をたっぷり配合した洗顔石鹸です。

毎日の洗顔で、ワインの香りも楽しみながら、潤う美肌に導いてくれます。

30万個突破記念!! お1人様3個まで キャンペーン価格!

もっとたくさんの人に、ワイン石けん(ワインソープ)の魅力を知ってほしい!そんな思いから、キャンペーン価格をご用意しました。

特典1 ミニワイン石けん(ワインソープ)10gプレゼント! 特典2 送料無料!税込! 特典3 泡立てネットプレゼント!
通常価格(1個90g)2,800円(税抜)が50%OFFで1,400円(税込)